代表よりみなさまへ

はじめまして

青森県出身、代表の木村と申します。

 

数十年の病院勤務を経て、長女が小学校に進学、

長男の育短が終了したタイミングで訪問看護師として働き始めました。

 

長男妊娠中、重症悪阻(つわり)、

ワンオペ状態で心身共にとても辛い思いをしました。

自宅で点滴ができたらどんなに楽だろうと、

ぼんやり考えていたことは今でも鮮明に覚えています。

 

コロナ禍以前から産前産後ケアを自宅でできたらと真剣に考えていました。

産婦人科病棟勤務していた頃は、

退院後の生活が不安・・・

サポート体制が皆無・・・

母乳の分泌がもう少しあれば・・・

など悩まれているまま退院される姿を何度も見送り、

母乳外来に繋いだり、助産師から保健所に情報提供お願いしましたが、

その後どうなったのかは情報共有はなく、

何か適切な社会資源はないかと悩んでいました。

1人で悩まれている方、ご夫婦、ご家族で悩まれてる方、まずはご一報ください。

皆様と一緒にあゆみたい、

お悩みはチームで全力フォローさせていただきたいという気持ちから

「あゆむ訪問看護チーム」が生まれました。

 

さいごに

地域の医療機関、保健所、他職種の方々と連携し

ここ川崎市で家族まるごとサポートしていけたらと考えています。

       

株式会社 こころ

          代表取締役 看護師

                木村 里美

SHOT6760.JPG